買取前提の車を選び方を教える総合情報サイト

>

車を選ぶ時から査定は始まっている

買取前提の車は国産主要メーカーを選ぼう

やはりしっかりと買取を見据えて自動車を購入する場合には、売れ筋でもある国産の主要メーカーを選ぶようにすることがポイントです。各々の日本のメーカーはそれぞれに自社の強みと言う者を持っており、それが買取の際には直接的な評価にもつながります。なので車の購入の際にはこの点をしっかりと確認をしておきましょう。

また、国産主要者のメーカーを選ぶことはもちろんですが、それ以外にも日本陣が好む要素として無難なものが挙げられます。
しかしながら無難といっても決して無個性が売れ筋というわけではなく、満足のいく徹底した機能美や車の故障なども最小限に抑えられているものも日本人が好む要素です。なのでこの点もポイントとして車を選ぶ際には気を付けておきましょう。

売れ筋のボディカラーを選ぶのもポイント

購入の際にはその車のカラーでも買取の際の為に考えておくポイントになります。
色に関しては白系のパールの物が非常にスタンダードな定番の中の定番のカラーであるとされ、買取の際の査定においての基本は白で考えられます。このことから白色よりも人気のある色ですと人気のあるカラーという事になり、逆に城よりも人気がなければ不人気のカラーということになりますので、買取前提の車を選ぶ際にはこの点に注意しておきましょう。

また、白以外にも最近になって黒のカラーもスタンダードカラーになってきていますので、この色を基本にして車のカラーを考えてみても良いかもしれません。
車のカラーだけでも販売価格が10万円前後も差が出る場合がありますので、買取査定の際にできるだけ高く売る為にも、なるべく不人気のカラーを選ばないように気を付けておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る